アイ美容外科

アイ美容外科【名古屋、豊橋、岐阜大垣、四日市】
美容外科学会・形成外科学会にて最新の医療技術を習得。

無料メール相談
診療科目
デザイン治療
FACE
目・二重まぶた
鼻
輪郭
たるみ取り
しわ取り
アンチエイジング
BODY
バスト
脂肪吸引
メソセラピー
わきが・多汗症
婦人科
脱毛
ピアス
男性器
モニター募集
携帯サイト

アイ美容外科の情報は携帯電話でもご覧いただけます。

HOME > 診療科目 > 婦人科/小陰唇縮小術

婦人科

小陰唇縮小術

小陰唇縮小術

婦人科について

女性器に関する相談は女性同士でも話しにくいことであり、一人で悩んでしまう方も少なくないようです。デリケートな部分だけに美容的な観点からのみではなく衛生面や性生活の面を考えても治療が必要な場合もあります。アイ美容外科ではプライバシーの保護にも万全を尽くしご相談にのらせていただきます。

小陰唇縮小術について

女性器の相談のなかでも多いのが「小陰唇が大きい」というお悩みです。先天的な肥大症や、思春期に急激に発達してしまうことなどが理由に挙げられます。このような場合は小陰唇の余分な部分を切除して縫い縮めることにより小さくキレイに整えることができます。

小陰唇縮小術の特長

性器の形や色にはもともと個人差があり、他人と比較しにくい部位でもあるため自分が正常であるかどうかの判断が難しいといえるでしょう。
小陰唇は直立し脚を軽く閉じた状態で大陰唇からうっすら露出するくらいであれば正常な大きさです。
大きくはみ出しているようであれば大きすぎるといえます。
小陰唇が大きすぎると下着にこすれて痛みを感じたり、スポーツやセックスの際にも邪魔になることがあります。
また小陰唇と大陰唇の間に恥垢がたまり悪臭の原因になってしまうため、衛生面からも問題が生じてしまうこともあります。

手術方法

肥大した小陰唇の皮膚を電気メスで止血しながら切除し、丁寧に縫合していきます。ストレートに切除することなく、自然な形を創り上げるよう入念な「デザイン」のもと行っていきます。

手術後のケア

傷口を消毒し軟膏を塗った後、ナプキンを装着していただきます。内服薬(抗生剤、胃薬、痛み止め、)も処方いたします。

麻酔について

局所麻酔にて痛みをブロックしていきますので、手術中にストレスを感じることはありません。

腫れについて

手術後、若干腫れが生じますが、1週間程度でおさまります。

手術時間

1時間程度になります。

手術後のケアの通院・入院

基本的に通院・入院の必要はなく、術後日帰りしていただけます。術後、定期的な検診の必要はありませんが、経過が気になられるようでしたらご希望に合わせて検診させていただきます。

即日治療の是非

カウンセリング後、当日施術をご希望であれば予約状況を確認した上で行うことも可能です。

処置が出来ない場合

一般的な見地から施術の必要がないほど小陰唇が肥大していない方は処置できない場合があります。

ダウンタイム

シャワーでの入浴は手術翌日から可能です。湯船に浸かっての入浴は1週間後から可能です。 2週間程小まめに消毒を行なっていただきます。糸は自然になくなりますので、抜糸の必要はありません。約1ヵ月後には性行為も可能です。

料金

262,500円

余分な部分を切除して緯縮

正常な大きさに

無料メール相談
他に気になるところがある
ページTOPへ