アイ美容外科

アイ美容外科【名古屋、豊橋、岐阜大垣、四日市】
美容外科学会・形成外科学会にて最新の医療技術を習得。

無料メール相談
診療科目
デザイン治療
FACE
目・二重まぶた
鼻
輪郭
たるみ取り
しわ取り
アンチエイジング
BODY
バスト
脂肪吸引
メソセラピー
わきが・多汗症
婦人科
脱毛
ピアス
男性器
モニター募集
携帯サイト

アイ美容外科の情報は携帯電話でもご覧いただけます。

HOME > 診療科目 > 婦人科/膣縮小術

婦人科

膣縮小術

膣縮小術

婦人科について

女性器に関する相談は女性同士でも話しにくいことであり、一人で悩んでしまう方も少なくないようです。デリケートな部分だけに美容的な観点からのみではなく衛生面や性生活の面を考えても治療が必要な場合もあります。アイ美容外科ではプライバシーの保護にも万全を尽くしご相談にのらせていただきます。

膣縮小術について

出産を経ることによりどうしても膣が緩んでしまうというケースは少なくありません。また年齢とともに膣の緊張は衰えてきてしまいます。膣縮小術により膣の内部を狭くし、膣壁の弾力や圧力を取り戻すことが可能です。

膣縮小術の特長

膣の緩みにも個人差はあります。
出産や加齢に伴うばかりではなく、もともと緩いという方もいらっしゃいます。
膣の内腔はH型をしており、もともと上下の壁が盛り上がっています。
緩んだ膣はこの隆起も少なくなっています。
膣の緩みをそのままの状態にしておくと不感症になり、セックスライフへの支障につながることもあります。
緩くなってしまった膣の内部を縮小すると膣壁の弾力や圧力を取り戻すことができ、自分自身の性感を高めセックスの不満を解消することができます。

手術方法

膣の内側は粘膜、外側は筋肉で囲まれています。肥大した膣の後の壁の部分を少し切除し筋肉を縫縮します。同時に膣の入り口も縮めていきます。糸で縫縮することにより膣を縮小し、更なる肥大も抑えることができます。

手術後のケア

傷口を消毒し軟膏を塗った後、ナプキンを装着していただきます。内服薬(抗生剤、胃薬、痛み止め、)も処方いたします。

麻酔について

局所麻酔にて痛みをブロックしていきますので、手術中にストレスを感じることはありません。

腫れについて

手術後、若干腫れが生じますが、1週間程度でおさまります。

手術時間

1時間程度になります。

手術後のケアの通院・入院

基本的に通院・入院の必要はなく、術後日帰りしていただけます。術後、定期的な検診の必要はありませんが、経過が気になられるようでしたらご希望に合わせて検診させていただきます。

即日治療の是非

カウンセリング後、当日施術をご希望であれば予約状況を確認した上で行うことも可能です。

処置が出来ない場合

一般的な見地から施術の必要がないほど膣が肥大していない方は処置ができない場合があります。

ダウンタイム

シャワーでの入浴は手術翌日から可能です。湯船に浸かっての入浴は1週間後から可能です。 2週間程小まめに消毒を行なっていただきます。糸は自然になくなりますので、抜糸の必要はありません。約1ヵ月後には性行為も可能です。

料金

367,500円

肥大した膣の一部を切除

入り口を縫合して縮小

無料メール相談
他に気になるところがある
ページTOPへ