アイ美容外科

アイ美容外科【名古屋、豊橋、岐阜大垣、四日市】
美容外科学会・形成外科学会にて最新の医療技術を習得。

無料メール相談
診療科目
デザイン治療
FACE
目・二重まぶた
鼻
輪郭
たるみ取り
しわ取り
アンチエイジング
BODY
バスト
脂肪吸引
メソセラピー
わきが・多汗症
婦人科
脱毛
ピアス
男性器
モニター募集
携帯サイト

アイ美容外科の情報は携帯電話でもご覧いただけます。

HOME > 診療科目 > メソセラピー

メソセラピー

メソセラピー

メソセラピー

「部分的にちょっとだけついてしまった脂肪が気になる」という方や、「脂肪吸引をしたいけど手術するのはちょっと」という方にお薦めなのが脂肪溶解注射メソセラピーです。メスを使うこともなく気になる部分に特殊な薬液を注入することにより効果的に部分痩せを可能とする痩身術です。アイ美容外科では施術可能な部位など入念な術前チェックを行い効果的な部分痩せを提案していきます。

メソセラピーについて

脂肪を溶解する成分であるフォスファチジルコリンは自然素材である大豆レシチンであり、大豆アレルギーがないかぎり特に問題となる副作用もありません。従来、フォスファチジルコリンは高脂血症や脂肪肝などの治療薬として使用されていたものですが、脂肪を減らしたい部位の皮膚内に直接薬液を注入することにより皮下脂肪を減少させる効果もあります。

メソセラピーの特長

脂肪吸引術が脂肪細胞の個数を減らしていくのに対し、メソセラピーはひとつひとつの脂肪細胞を溶解し小さくしていきます。
溶解された脂肪は血液を経て尿や便として体外へ排出されるので人体に対して悪影響はありません。
脂肪吸引術は施術後の細やかなアフターケアが重要になり効果を実感するまで多少の時間がかかりますが、メソセラピーは施術後すぐに効果が実感できることメリットがあります。
しかし痩身の度合いは脂肪吸引術の70%程度といわれており、除去したい脂肪の量が多い方に対しては脂肪吸引術が有効になる場合もあります。

手術方法

部分痩せしたい部位についている脂肪を確認し、メソガンという専用の機器もしくは注射器で脂肪溶解成分を注入していきます。注入前には注入箇所をアイスノンで冷却することで痛みをやわらげると同時に内出血をおさえます。針もとても細いものを使用しますので痛みは最小限に抑えられます。

手術後のケア

患部にヒルドイドという傷炎鎮痛作用のあるクリームを塗りケアします。

麻酔について

メソセラピー自体が注射で行う施術になりますので、基本的に麻酔は必要ありません。

腫れについて

顔部の施術の場合は若干むくみますが、2〜3日程度で治まります。痛みも術後に軽い筋肉痛程度があるくらいです。

手術時間

10分程度になります。

手術後のケアの通院・入院

基本的に回数を重ねることで効果が出てくる施術になりますので、2週間おきくらいに通院し3〜4回の施術を受けて頂くことをお薦めしております。

即日治療の是非

カウンセリング後、当日施術をご希望であれば予約状況を確認した上で行うことも可能です。

処置が出来ない場合

大豆アレルギーの方。また一般的な見地から施術の必要がないほどお痩せになっている方には処置できない場合もあります。

ダウンタイム

シャワーでの入浴は手術当日から可能です。湯船に浸かっての入浴も翌日から可能です。当面、注射した箇所を入念にマッサージしていただきます。

料金

1回 33,600円
3回 84,000円
5回 126,000円
範囲…一ヶ所、手のひら2枚分上記施術料は脂肪の量に関係なく【一律料金になります。】

0.4mmの極細の専用針を使って薬剤を注入

薬剤が脂肪を分解します

薬剤と、分解された脂肪は体外へ

無料メール相談
他に気になるところがある
ページTOPへ