アイ美容外科

アイ美容外科【名古屋、豊橋、岐阜大垣、四日市】
美容外科学会・形成外科学会にて最新の医療技術を習得。

無料メール相談
診療科目
デザイン治療
FACE
目・二重まぶた
鼻
輪郭
たるみ取り
しわ取り
アンチエイジング
BODY
バスト
脂肪吸引
メソセラピー
わきが・多汗症
婦人科
脱毛
ピアス
男性器
モニター募集
携帯サイト

アイ美容外科の情報は携帯電話でもご覧いただけます。

HOME > 診療科目 > アンチエイジング/プラセンタ注射

アンチエイジング

プラセンタ注射

アンチエイジングについて

美しさを語るうえでお肌は必要不可欠な要素といえるでしょう。バランスのとれた顔立ちや素敵なボディラインであってもお肌がくすんでいてはその魅力も半減してしまいます。しかしライフスタイルや食生活の多様化によりお肌トラブルに悩んでいらっしゃる方は少なくはなく、そのお悩みも様々です。アイ美容外科では患者様ひとりひとりのお肌の状態に適した美肌治療を提供させていただきます。

プラセンタ注射について

プラセンタとは胎児の成長発育のために必要不可欠な胎盤のことです。胎盤には生命を誕生させる為に必要な、栄養素が豊富に含まれています。プラセンタ注射はそのエキスを注入することにより、全身の細胞を活性化させ「細胞レベルの若返り」を促す美肌治療であり、美肌効果以外にも肩こりや冷え性、生理痛や生理不順、更年期障害などで生じる倦怠感の改善にも有効です。

プラセンタ注射の特長

プラセンタの最大の特徴は「自然治癒力」の向上といわれています。
人胎盤には各種の高純度な栄養素(アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、グロースファクターなど)が集中し、また5000種類以上にも及ぶ生理活性物質・酵素エキスが生産され蓄えられている臓器です。
かつては肝炎や子宮内膜症、更年期障害、胃潰瘍などの治療に用いられていたプラセンタですが、治療を受けた多くの人から、「肌がきれいになった」「シミが薄くなった」という声が上がったことから、その美肌効果も脚光を浴びることとなりました。
同時に「疲れがたまらなくなった」「生理痛が楽になった」という声も多く聞かれ、ストレス社会に生きる現代人にとってプラセンタパワーは頼れる存在として認識されています。

手術方法

プラセンタ注射は腕に皮下注射、筋肉注射のいずれかで注入していきます。
一層の相乗効果を期待される方には、にんにくのスタミナや美容のビタミン、内臓強化成分を組み合わせたカクテル注射を静脈注射もしくは点滴として注入することもできます。
注入後、注射部位に発赤、痒みなどが生じる場合が極稀にありますが、すぐに消失しますので心配ありません。

手術後のケア

特にありません。

麻酔について

プラセンタ自体が注射や点滴で行う施術になりますので、基本的に麻酔は必要ありません。

腫れについて

腫れはありません。

手術時間

筋肉・皮下注射は1〜2分。静脈注射は5分程度。点滴は30分程になります。

手術後のケアの通院・入院

基本的に回数を重ねることで効果が出てくる施術になりますので、プラセンタ注射は1週間に1〜2回。にんにくプラセンタ注射・美肌プラセンタ注射の静脈注射は一週間に1回。にんにくプラセンタ点滴・美肌プラセンタ点滴は2週間に1回のペースで最低1〜2ヵ月は通院し施術を受けて頂くことをお薦めしています。

即日治療の是非

カウンセリング後、当日施術をご希望であれば予約状況を確認した上で行うことも可能です。

処置が出来ない場合

妊娠中の方、授乳期の方は処置できません。

ダウンタイム

手術当日から普段通りの生活をしていただけますが、当面の献血のご遠慮だけはお守り下さい。

料金

1回 3,150円

皮下注射、筋肉注射のいずれかで注入

無料メール相談
他に気になるところがある
ページTOPへ