アイ美容外科

アイ美容外科【名古屋、豊橋、岐阜大垣、四日市】
美容外科学会・形成外科学会にて最新の医療技術を習得。

無料メール相談
診療科目
デザイン治療
FACE
目・二重まぶた
鼻
輪郭
たるみ取り
しわ取り
アンチエイジング
BODY
バスト
脂肪吸引
メソセラピー
わきが・多汗症
婦人科
脱毛
ピアス
男性器
モニター募集
携帯サイト

アイ美容外科の情報は携帯電話でもご覧いただけます。

HOME > 診療科目 > 目・二重まぶた/目頭切開法

目・二重まぶた

目頭切開法

目・二重まぶたについて

目は人の印象付けに際して最も大きな影響を与えるといわれています。それゆえに二重の手術は美容外科において最もポピュラーな施術になっています。一重の目やモウコヒダは日本人の特徴のひとつですが、やや表情が暗い印象を受けることが多いようです。しかし少しの変化で与える印象も大きく違ってきます。アイ美容外科ではひとりひとりの目の特徴と希望を踏まえながら、入念なカウンセリングとシュミレーションを行い最適の施術を提案します。

目頭切開法について

目が小さく離れて間延びした印象となってしまうというお悩みは、蒙古ヒダと呼ばれる東洋人特有の目頭の形態が大きな原因です。目頭切開法はその蒙古ヒダをカットすることで目を大きく見せ、より立体的な目元を創るための施術です。

目頭切開法の特徴

蒙古ヒダとはまぶたの上下の皮膚が引っ張られることでヒダ状になっている状態のことを言います。
蒙古ヒダがある方は、二重まぶたの方でもラインが表に出ないため平行型の二重にはなりにくくなっています。
この蒙古ヒダを切除してあげることにより二重のラインをより表に出し、はっきりとした二重まぶたにすることができると同時に、広く感じられていた左右の目の間隔をシャープに見せることもできます。
一重まぶたの方は、埋没法や切開法と組み合わせることによって、より効果的にパッチリとした美しい目元を創ることができます。

手術方法

目頭切開の代表的な施術方法としてはW形成法(内田式)とZ式形成法があり、これらの方法で目頭の蒙古ヒダを切除していきます。
切開する角度や長さは、ひとりひとりの目の形や顔のバランスに合わせデザインすることが重要であるためその方のまぶたの状態を考慮したうえで最適の切開方法を選択していきます。
切開部位は髪の毛よりも細い糸で細かく縫合しますので、手術後でも縫合糸が目立つことはありません。

手術後のケア

抗生剤の入った目薬を点眼し術後3〜5分ほど患部をアイスノンで冷却します。その後、患部に化膿止めの軟膏を塗りケアします。内服薬(抗生剤、胃薬、痛み止め、止血剤)も処方いたします。

麻酔について

局所麻酔にて痛みをブロックしていきますので、手術中にストレスを感じることはありません。また患者様の希望で眠っている間に施術を行いたいのであれば静脈麻酔を追加すること可能です。

腫れについて

手術後、多少の腫れが生じ内出血する場合もありますが、3日〜1週間程度でおさまります。

手術時間

30〜45分程度になります。

手術後のケアの通院・入院

入院の必要はありませんが、術後5日後に抜糸のために通院していただきます。

即日治療の是非

カウンセリング後、当日施術をご希望であれば予約状況を確認した上で行うことも可能です。

処置が出来ない場合

基本的に処置ができない場合はありません。

ダウンタイム

シャワーでの入浴は手術当日から可能です。
湯船に浸かっての入浴は翌日から可能です。
洗顔、メイクは3日目から可能ですが、洗顔はスクラブの入っていない洗顔剤を使用し、患部をこすらないように注意していただきます。
アイメイク、コンタクトの装着は抜糸の翌日より可能になります。

料金

157,500円

目頭の蒙古ヒダを切除

無料メール相談
他に気になるところがある
ページTOPへ