アイ美容外科

アイ美容外科【名古屋、豊橋、岐阜大垣、四日市】
美容外科学会・形成外科学会にて最新の医療技術を習得。

無料メール相談
診療科目
デザイン治療
FACE
目・二重まぶた
鼻
輪郭
たるみ取り
しわ取り
アンチエイジング
BODY
バスト
脂肪吸引
メソセラピー
わきが・多汗症
婦人科
脱毛
ピアス
男性器
モニター募集
携帯サイト

アイ美容外科の情報は携帯電話でもご覧いただけます。

HOME > 診療科目 > 鼻/鼻翼縮小術

鼻

鼻翼縮小術

鼻について

顔の中心に位置する鼻は、目と同様にその方の印象を大きく左右する重要なパーツです。鼻の悩みでご相談される方は鼻根部から鼻を高くし鼻筋を通したいと希望されることが多いですが、より美しい仕上がりにする為には顔全体のバランスや他のパーツとの調和を考慮する必要があります。アイ美容外科では隆鼻術をはじめ鼻翼縮小や鼻尖形成によりバランスのよいトータルな整鼻術をご提案していきます。

鼻翼縮小術について

「小鼻が大きく横幅が広がっている」「鼻が大きく見える」ということでお悩みの方は少なくありません。このような「獅子鼻」「あぐら鼻」といわれる鼻の形には鼻翼縮小術という施術が効果的です。鼻翼縮小術には小鼻の広がりを解消するだけではなく、鼻自体の大きさも小さくできるというメリットがあります。

鼻翼縮小術の特長

「鼻筋は高く通っているけれど、小鼻が大きいため大きな鼻に見えてしまう」という方に適している治療がこの「鼻翼縮小術」です。
小鼻の幅や大きさを自由に調整することで、希望通りの鼻に仕上げることができます。
最近では男性でも整形手術を希望されることが多くなってきましたが、隆鼻術を希望される男性はいらっしゃっても、鼻翼縮小を希望される方はごく稀です。
それだけ鼻翼縮小は女性的な美的感覚に沿っているといえます。
すっきりとした女性らしい小鼻を手に入れるために、鼻翼縮小術は大変有効な施術です。

手術方法

小鼻両側の付け根(小鼻と頬の境目)を数ミリ切開し、余分な皮膚と粘膜組織を取り除き、バランスよく縫合して鼻孔の広がりを内側へ寄せていきます。術後一時的に傷跡は残りますが、付け根部分であるためほとんど目立たなくなります。

手術後のケア

患部に化膿止めの軟膏を塗りケアしたのち、内服薬(抗生剤、胃薬、痛み止め、止血剤)を処方いたします。

麻酔について

局所麻酔にて痛みをブロックしていきますので、手術中にストレスを感じることはありません。

腫れについて

手術後、鼻内部が若干腫れますが、表面的にはわかりません。腫れも3日〜1週間程度でおさまります。

手術時間

1時間程度になります。

手術後のケアの通院・入院

基本的に通院・入院の必要はなく、術後日帰りしていただけます。術後、定期的な検診の必要はありませんが、経過が気になられるようでしたらご希望に合わせて検診させていただきます。

即日治療の是非

カウンセリング後、当日施術をご希望であれば予約状況を確認した上で行うことも可能です。

処置が出来ない場合

基本的に処置ができない場合はありません。

ダウンタイム

シャワーでの入浴は手術当日から可能ですが患部を濡らさないように注意していただきます。湯船に浸かっての入浴は3日後から可能です。

料金

262,500円

広がっている部分を切除

バランスのよい小鼻へ

無料メール相談
他に気になるところがある
ページTOPへ