アイ美容外科

アイ美容外科【名古屋、豊橋、岐阜大垣、四日市】
美容外科学会・形成外科学会にて最新の医療技術を習得。

無料メール相談
診療科目
デザイン治療
FACE
目・二重まぶた
鼻
輪郭
たるみ取り
しわ取り
アンチエイジング
BODY
バスト
脂肪吸引
メソセラピー
わきが・多汗症
婦人科
脱毛
ピアス
男性器
モニター募集
携帯サイト

アイ美容外科の情報は携帯電話でもご覧いただけます。

HOME > 診療科目 > 輪郭/骨切法

輪郭

骨切法

輪郭について

顔の輪郭は人の印象を決定づける大きな要素といえます。輪郭は丸型や角型など様々ですが、顔輪郭を構成する要素は骨・筋肉・脂肪の3つがあります。輪郭についてのお悩みは様々ですが、この3つのうちどの要素が大きいかを判別することにより施術方法を決定する必要があります。アイ美容外科では入念なカウンセリングの下その方にあった施術方法を選択することで効果的かつ理想的なフェイスラインを創っていきます。

骨切法について

「エラが張っている」「頬骨が突出している」などといった、もともとの骨格が原因で輪郭についてお悩みの場合は、骨自体を削ることで整えていきます。輪郭は人それぞれですので、その人その人に適したアプローチが重要になります。

骨切法の特長

フェイスラインにおいて骨格についてのお悩みは、エラ、頬、顎の形状がほとんどです。
エラが張っていると顔が大きく見えてしまい、男っぽい印象を与えてしまいます。
一般的に""エラ""と呼んでいるのは、下顎角の骨が通常よりも発達しているためです。
また頬の出っ張りはゴツゴツと骨張った顔のイメージを与えがちであり、下顎が長いことで顔が大きく見られてしまうこともすくなくないようです。
メイクだけではカバーしきれない輪郭の悩みは、骨格の形態を考慮してバランスよく切除していくことでスッキリとしたフェイスラインにすることができます

手術方法

骨を削るときは口腔内を切開してアプローチし、頬内部より気になる部分を削り、最後にやすりで滑らかにしていきます。頬骨には骨切りや削りを制限する大きい神経はありませんが、エラから顎のラインを削る場合にはオトガイ神経の位置を考慮し慎重に行っていきます。口腔内を切開するため傷跡も目立つこともありません。

手術後のケア

顔面を包帯で固定圧迫を致します。

麻酔について

全身麻酔下で眠っている間に施術をを行います。

腫れについて

術後約唇を中心に腫れが生じますが、2週間程度でおさまります。

手術時間

削る骨の量によりますが3〜4時間程度になります。

手術後のケアの通院・入院

入院の必要はありませんが、3日後に包帯のこていい圧迫を解除します。その後も経過を見させていただきたいので1週間後、2週間後、1ヶ月後に検診をさせていただきます。

即日治療の是非

術前の血液検査、レントゲン、心電図が必要になりますので、基本的にはカウンセリング直後の施術は行えません。

処置が出来ない場合

顔が大きく見えているのが、骨格が原因で無い場合は処置できない場合があります。

ダウンタイム

シャワーでの入浴は下半身のみであれば手術翌日から可能ですが、顔面を3日間固定しますのでその間は患部を濡らさないように注意していただきます。その間は洗顔も控えていただきます。湯船に浸かっての入浴は1週間後より可能です。

料金

エラ削り 1,050,000円
頬骨削り 630,000〜735,000円
アゴ削り 630,000〜735,000円

エラ削り

頬骨削り

アゴ削り

無料メール相談
他に気になるところがある
ページTOPへ